新熊野神社 御朱印

公開日:2019年9月11日
公開日:2019年11月9日

目次

  1. 参拝時間
  2. 御朱印
  3. 見どころ
  4. 京都熊野参詣
  5. アクセス
  6. 周辺の寺社情報

京都の新熊野神社の御朱印の情報などを掲載します。

1. 参拝時間

■社務所の受付時間
 午前9時~午後5時(目安)
お問い合わせ先

2. 御朱印

新熊野神社

■御朱印
 4種類あります(下図参照)
 ※写真は右から2つ目の御朱印
■初穂料
 300円
■場所
 社務所

御朱印の種類

上記の4種類から御朱印が選べます(2019年9月現在)。洛中熊野三山の一社であることから、熊野の御神鳥である「八咫烏」の印が押されています。

3. 見どころ

■御祭神
 くまのむすびのおおかみ
『熊野牟須美大神』
↓↓日本神話では以下の呼称
 いざなみのみこと
『伊弉冉尊』
■御利益
 健康長寿、病魔退散、縁結び、交通安全など

本殿

■由緒
 後白河上皇による法住寺殿(現:法住寺)の造営に伴い、永暦元年(1160年)、鎮守社として新日吉大社とともに勧請されました。

熊野には御神木と御神鳥があり、それぞれ「椥」と「八咫烏」となっています。「椥」は本殿の両側に、「八咫烏」は本殿の瓦の上に2体立っています。

本殿は江戸時代の寛文13年(1673年)に造営され、類例の少なさから京都市の有形文化財に指定されています。

新熊野神社は洛中熊野三山の一つで、洛中熊野三山は那智熊野三山に倣ってつくられました。詳細は下表を参照してください。

紀州熊野三山 洛中熊野三山
本宮 熊野神社
新宮 新熊野神社
那智 熊野若王子神社

鳥居

新熊野神社の正面入り口。鳥居を抜けて左手に楠社、社務所、右手に本殿があります。

上之社

■御祭神
 はやたまのをのおおかみ
『速玉之男大神』
 くまのけつみこのおおかみ
『熊野家津御子大神』
↓↓日本神話では以下の呼称
 いざなぎのみこと
『伊弉諾尊』
 すさのをのみこと
『素盞嗚尊』

中之社

■御祭神
 あめのおしほみみのみこと
『天忍穂耳尊』
 ににぎのみこと
『瓊々杵尊』
 ひこほほでみのみこと
『彦穂々出見尊』
 うかやふきあえずのみこと
『鵜茅草葺不合尊』

若宮社・下之社

■若宮社
 ■御祭神
  あまてらすおおかみ
 『天照大神』

■下之社
 ■御祭神
  わくむすびのみこと
 『稚産霊命』
  かぐつちのみこと
 『軻遇突智命』
  はにやまひめのみこと
 『埴山姫命』
  みづはめのみこと
 『彌都波能売命』

それぞれ、穀物・養蚕、火、土、水の神。

楠社

■御祭神
 くすのきだいごんげん
『樟大権現』

境内に立つ大楠は、樹齢約800年、高さ約22mにもなります。この大楠は後白河上皇が自ら植樹し、熊野の神々が降臨する「影向の大楠」といわれ、上皇がお腹を患って祈願したことから、「お腹の神様」とも呼ばれています。

4. 京都の熊野参詣

当時、紀州の熊野参詣は苦行の旅とされていました。現代においても、ある程度時間やお金、体力にゆとりがないと熊野参詣は難しいでしょう。そこで、今回は京都でできる熊野参詣を紹介します。順路は私の独断と偏見で設定しています。

JR京都線 京都駅

↓徒歩 22分

新熊野神社

本殿


↓徒歩 48分

熊野神社

本殿


↓徒歩 22分

熊野若王子神社

本殿


↓徒歩 19分

地下鉄東西線 蹴上駅
移動時間:1時間51分

5. アクセス

■最寄り駅
・JR奈良線 東福寺駅 徒歩8分
・京阪本線 東福寺駅 徒歩8分
※京都駅からの詳細はこちら


新熊野神社 公式HP

京都駅から電車の場合

↓京都駅
↓ JR奈良線 2分 140円
↓東福寺駅

↓徒歩 8分

新熊野神社
移動時間:10分・料金:140円

6. 周辺の寺社情報

新熊野神社の周辺寺社。

■徒歩10分圏内
 勝林寺、同聚院、東福寺三十三間堂、妙法院など
■徒歩20分圏内
 今熊野観音寺泉涌寺など
■徒歩30分圏内
 伏見稲荷大社など