熊野若王子神社 御朱印

公開日:2019年7月22日
更新日:2019年11月9日

目次

  1. 参拝時間
  2. 御朱印
  3. 見どころ
  4. アクセス
  5. 周辺の寺社情報

京都の熊野若王子神社の御朱印の情報などを掲載します。

1. 参拝時間

境内自由

■社務所の受付時間
 午前9時~午後5時
お問い合わせ先:075-771-7420

2. 御朱印

京洛東那智

■御朱印
『京洛東那智』
『恵比寿社』(手書き)
『恵比寿社』(書置き)
■初穂料
 300円
■場所
 社務所

御朱印

熊野若王子神社でいただける御朱印は上記の通りです(2019年7月現在)。熊野の御神鳥は「八咫烏」で、洛中熊野三山の一社である熊野若王子神社の御朱印にも「八咫烏」が押印されています。

3. 見どころ

■御祭神
 あまてらすすめのおおかみ
『天照皇大神』
 いざなぎのかみ
『伊佐那岐神』
 いざなみのかみ
『伊佐那美神』
 くにとくたちのかみ
『国常立神』
■御利益
 学業成就、縁結び、安全祈願、開運、商売繁盛など

・熊野参詣 京都の起点
・哲学の道 起点

本殿

■由緒
 永暦元年(1160年)、後白河法皇が熊野権現を禅林寺(永観堂)の守護神として勧請したことがはじまりです。

紀州への熊野詣についてですが、法皇・上皇から庶民に至るまで、身分や性別を問わず参加したといわれており、修験者は熊野若王子神社で身を浄めてから出発しました。

熊野若王子神社は洛中熊野三山の一つで、洛中熊野三山は紀州熊野三山を模したものです。詳細は下表を参照してください。

紀州熊野三山 洛中熊野三山
本宮 熊野神社
新宮 新熊野神社
那智 熊野若王子神社

恵比寿社

御祭神である恵比寿神像が祀られており、恵比寿神像は木造寄木造りの等身大座像となっています。

鳥居

熊野若王子神社の正面入口。鳥居を抜けた正面には恵比寿社が、その右隣には本殿があります。

■宝形
 とある昔、境内には地仏堂があり、地仏堂の屋根上部には上記の宝形がありました。また、地仏堂には薬師如来座像が安置されてましたが、明治の神仏分離令で、この地を移されて以降、現在は奈良国立博物館に所蔵されています(国宝)。

■牛の像
 牛といえば、北野天満宮をはじめとする天神社・天満社にあるなで牛ですが、熊野若王子神社の牛には、どのような御利益があるのでしょうか!?

4. アクセス

■最寄り駅
・地下鉄東西線 蹴上駅 徒歩21分
※京都駅からの詳細はこちら


熊野若王子神社

京都駅から電車の場合

↓京都駅
↓ 地下鉄烏丸線 5分 ↓
↓烏丸御池駅(乗換)   ↓ 260円
↓ 地下鉄東西線 7分 ↓
↓蹴上駅

↓徒歩 21分

熊野若王子神社
移動時間:33分・料金:260円

5. 周辺の寺社情報

熊野若王子神社の周辺情報。

■徒歩10分圏内
 永観堂南禅寺など
■徒歩20分圏内
 平安神宮真如堂金戒光明寺など
■徒歩30分圏内
 銀閣寺など