宇治神社 御朱印

目次

  1. 参拝時間
  2. 御朱印
  3. 見どころ
  4. アクセス
  5. 周辺の寺社情報

京都の宇治神社の御朱印の情報などを掲載します。

1. 参拝時間

境内参拝自由
参拝に関してはこちら

2. 御朱印

宇治神社

■御朱印
『宇治神社』
■初穂料
 300円
■場所
 参集殿

3. 見どころ

■御祭神
 うじのわきのいらつこのみこと
『菟道稚郎子命』
■御利益
 学業成就、合格祈願など

本殿

本殿

■由緒
 兄に皇位を譲るために自害した菟道稚郎子命の神霊を祀るため、仁徳天皇により創建されました。

本殿は鎌倉時代初期に建てられており、国の重要文化財に指定されています。

拝殿

参道の階段を上るとすぐに拝殿があり、拝殿向かって左手には参集殿が、奥には本殿があります。

鳥居

本殿前の鳥居。

参道

参道を進むと階段右手に手水舎が、階段を上るとすぐに拝殿があります。

手水舎

手水舎にはうさぎの像があります。うさぎは宇治神社では神使いとされています。また別名「みかえりうさぎ」といわれ、河内から宇治への道中、菟道稚郎子命(以下:命とする)は道に迷われましたが、一羽のうさぎが現れ、命がついてくるのを何度も振り返り先導したことから、そう呼ばれています。

4. アクセス

■最寄り駅
・JR奈良線 宇治駅 徒歩16分
・京阪宇治線 宇治駅 徒歩9分
※京都駅からの詳細はこちら


宇治神社 公式HP

京都駅から電車の場合

↓京都駅
↓ JRみやこ路快速 18分 240円
↓宇治駅

↓徒歩 16分

宇治神社
移動時間:34分・料金:240円

5. 周辺の寺社情報

宇治神社の周辺寺社。

■徒歩10分圏内
 宇治上神社、平等院など
■徒歩30分圏内
 三室戸寺など