月別アーカイブ: 2020年4月

京都の楼門と御朱印

公開日:2020年4月19日

目次

  1. 所在MAP
  2. 京都の楼門
    2.1. 石清水八幡宮(国宝)
    2.2. 伏見稲荷大社
    2.3. 下鴨神社
    2.4. 上賀茂神社
    2.5. 平安神宮
    2.6. 八坂神社
    2.7. 北野天満宮
  3. まとめ

京都の楼門と御朱印の情報を掲載します。

1. 所在MAP

京都にある楼門は以下の通りです(この地図は私が過去に訪れた神社をもとに作成しています)。

京都楼門MAP

2. 京都の楼門

ここでは各神社の楼門と御朱印について簡単に説明します。

2.1. 石清水八幡宮(国宝)

楼門

本殿や舞殿を取り囲むように回廊を有する国宝楼門。楼門正面を注意深く見ると一対の鳩(金色)があしらわれています。

八幡大神(鳩ver)

一対の鳩が向かい合った「八幡大神」の御朱印。※鳩は八幡大神の神使い

御朱印の詳細は「石清水八幡宮 御朱印」を参照願います。

2.2. 伏見稲荷大社

楼門

楼門

楼門前には口にカギをくわえた狛狐が立っており、楼門正面には極彩色の扁額「伏見稲荷大社」が掲げられています。

伏見稲荷大社

御朱印の詳細は「伏見稲荷大社 御朱印」を参照願います。

2.3. 下鴨神社

楼門

楼門

糺の森の静寂の中にたたずむ高さ約13mの楼門で国の重要文化財に指定されています。楼門内には国宝の西殿と東殿があります。※御祭神・玉依媛命の息子は上賀茂神社の御祭神・賀茂別雷大神

賀茂御祖神社

下鴨神社の正式名称である「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」の御朱印。

御朱印の詳細は「下鴨神社 御朱印」を参照願います。

2.4. 上賀茂神社

楼門と玉橋

楼門内には国宝の本殿と権殿があります。※楼門は国の重要文化財

賀茂別雷神社

上賀茂神社の正式名称である「賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)」の御朱印。※御祭神・賀茂別雷大神の母親は下鴨神社の御祭神・玉依媛命

御朱印の詳細は「上賀茂神社 御朱印」を参照願います。

2.5. 平安神宮

応天門

高さ19m、幅18m、平安京大内裏の正庁朝堂院の南面正門を「8分の5」の大きさで再現。国の重要文化財に指定されています。※明治28年(平安遷都1100年)に大極殿や蒼龍楼・白虎楼などどともに造営されました

平安神宮

御朱印の詳細は「平安神宮 御朱印」を参照願います。

2.6. 八坂神社

西楼門

高さ約9m、幅約8mの楼門で国の重要文化財。応仁の乱で焼失しましたが、明応6年(1497年)に再建されました。西楼門からは四条通が一望できます。

南楼門

四条通に面している西楼門が有名ですが、こちらが八坂神社の正門となります。

衹園社

御朱印の詳細は「八坂神社 御朱印」を参照願います。

2.7. 北野天満宮

楼門

扁額「文道大祖 風月本主」が掲げられており、これは御祭神の菅原道真公を讃えた言葉だといわれています。

三光門

日・月・星の3つの彫刻が施されていることから三光門と呼ばれていますが、星の彫刻だけが見当たらないため、星欠けの三光門とも呼ばれています。国の重要文化財。

北野天満宮

御朱印の詳細は「北野天満宮 御朱印」を参照願います。

3. まとめ

 私が参拝に訪れた神社の多くは朱色の楼門でしたが、北野天満宮のように自然の色合いを残した楼門もありました。また、国宝・石清水八幡宮のように回廊が本殿や舞殿を囲む珍しい楼門もあり、見る者を圧倒するでしょう。

 最後に下鴨神社、平安神宮、八坂神社、伏見稲荷大社、石清水八幡宮は京阪本線沿線にありますので、参拝の際は以上の点を考慮して行かれると良いでしょう。

京都の三門と御朱印

公開日:2020年4月18日

目次

  1. 所在MAP
  2. 京都の三門
    2.1. 知恩院(国宝)
    2.2. 南禅寺
    2.3. 相国寺
    2.4. 建仁寺
    2.5. 東福寺(国宝)
    2.6. 金戒光明寺
    2.7. 鞍馬寺
    2.8. 仁和寺
    2.9. 妙心寺
    2.10. 醍醐寺
  3. まとめ

京都の三門と御朱印の情報を掲載します。

1. 所在MAP

京都にある三門は以下の通りです(※この地図は過去に私が訪れた寺院をもとに作成しています)。

京都三門MAP

2. 京都の三門

ここでは各寺院の三門と御朱印について簡単に紹介します。

2.1. 知恩院(国宝)

知恩院 三門

高さ24m、幅50mの日本最大級の国宝三門。三門正面には「華頂山」の扁額が掲げられています。写真の通り、春には桜とのコントラストがとても綺麗です。※国宝三門;知恩院、東福寺、法隆寺

法然上人

その他の御朱印や詳細などは「知恩院 御朱印」を参照願います。

2.2. 南禅寺

南禅寺 三門

別名「天下竜門」。高さ約22m、京都でも指折りの三大門の一つに数えられており、国の重要文化財に指定されています。三門は紅葉に囲まれているため、秋には色づいた紅葉とのコントラストがとても綺麗ですよ。

金剛王宝殿

御朱印や御朱印帳の詳細などは「南禅寺 御朱印」を参照願います

2.3. 相国寺

相国寺 三門礎石

相国寺 三門礎石

天明8年(1788年)の大火で焼失しましたが、再建されず、現在も礎石のままになっています。礎石を拝見できる寺院は日本広しと言えどもここだけかもしれませんので、近くを訪れた際は是非一度。

無畏堂

御朱印の詳細などは「相国寺 御朱印」を参照願います。

2.4. 建仁寺

建仁寺 三門

大正12年に静岡県の安寧寺から移築されたもので、御所を望む楼閣という意味で「望闕楼」と呼ばれています。

拈華堂

御朱印や御朱印帳の詳細などは「建仁寺 御朱印」を参照願います。

2.5. 東福寺(国宝)

東福寺 三門

高さ約22m、幅約25mの国宝三門。三門正面には足利義持が書いた「妙雲閣」の扁額が掲げられています。※国宝三門:知恩院、東福寺、法隆寺

大佛寶殿

御朱印の詳細などは「東福寺 御朱印」を参照願います。

2.6. 金戒光明寺

金戒光明寺 山門

山門正面には後小松天皇が書いた「浄土真宗最初門」の扁額が掲げられています。

吉備観音(洛陽六番)

その他の御朱印や詳細などは「金戒光明寺 御朱印」を参照願います。

2.7. 鞍馬寺

鞍馬寺 仁王門

運慶の長男・湛慶作の朱色の仁王門。

尊天

御朱印の詳細は「鞍馬寺 御朱印」を参照願います。

2.8. 仁和寺

仁和寺 仁王門

高さ19m、幅21m、京都でも指折りの三大門の一つに数えられており、国の重要文化財に指定されています。門正面には仁王像が、門後面には唐獅子像が安置されています。

旧御室御所

その他の御朱印や詳細などは「仁和寺 御朱印」を参照願います。

2.9. 妙心寺

妙心寺 三門

朱色の三門で楼上には観世音菩薩と十六羅漢が安置されており、国の重要文化財に指定されています。

無相大師

その他の御朱印や詳細などは「妙心寺 御朱印」を参照願います。

3. まとめ

 上記の通り、三門といっても材質の特徴を活かした色合いのものから朱色のものまで実に様々で、各寺院それぞれ特徴的であるため(少し言い過ぎかもしれませんが)、見ている人々を飽きさせません。

 また、参拝する場合ですが、京都市内における三門は東山周辺に固まっており、国宝三門の知恩院や東福寺もあることから、その周辺で計画を立てた方が良いかもしれません。

Google Adsenseとは

目次

  1. Google Adsenseとは
  2. 審査について
  3. 広告の設定
    3.1. 自動広告
     3.1.1 WordPress

ここではGoogle Adsenseの審査や自動広告の設定方法について説明します。

1. Google Adsenseとは

Gmail、Googleアナリティクス、Google Search Consoleと同様にGoogleが提供するサービスの一つで、ブログなどのウェブサイトに広告を掲載するためのサービスを提供しています。サービスの一例としては広告掲載の他にウェブサイトに訪れたユーザー数、ウェブサイトの閲覧数、見積もり収益の確認などが挙げられます。

■Google Adsenseの利点

・ウェブサイトの適した場所に自動で広告が掲載される
・収益に必要な情報が得られる
・さらにGoogleアナリティクスと連携している

広告掲載を行うにはGoogle Adsenseにウェブサイトを登録し、広告掲載に必要なコードを自身のサイトに追加する必要があります。ただし、広告を掲載するにはGoogleの審査が必要となりますので、次章で審査に関する情報などを簡単に記述します。

■広告を掲載するには

・広告掲載させたいウェブサイトを登録する
・Googleの審査を受ける
・コードをウェブサイトに追加する

2. 審査について

Adsense広告をブログなどのウェブサイトに掲載するにはGoogleの審査が必要となります。審査期間は約2週間(2019年10月時点)で、私の場合は翌日に結果が来ました(合格通知)。審査時の私のウェブサイト(ブログ)の情報は以下の通りです。参考までにどうぞ。

■審査時のブログ情報

 ・記事数
  70記事
 ・文字数
  平均800~1000文字
 ・掲載頻度
  平均週3記事

その他に気を付けた点としては、サイトのレイアウトを統一する(目次をつける、章立てを考える)、記事を雑多にしない(私の場合だと御朱印関連の記事で統一)などです。また、70記事書いた段階で審査を受けましたが、もう少し早めに審査を受けても良かったのかなと思っています。審査に通らなかった場合、文章などの修正が大変ですからね。上記はあくまでも一例ですのでご理解の程よろしくお願いします。

3. 広告の設定

Google Adsenseの広告には「自動広告」と「広告ユニット」の2つがあります。自動広告はウェブサイトの適した場所に自動で広告を掲載してくれる機能で、設定が簡単なため初心者向きといえるでしょう。広告ユニットは広告をウェブサイト上の任意の位置に配置したい場合に使用します。今回は自動広告の設定方法について説明します。

3.1. 自動広告

ブログなどのウェブサイトに自動広告を掲載するにはGoogle Adsenseでコードをコピーし、コードをウェブサイトに貼り付ける必要があります。自動広告の場合はウェブサイトにコードを一つ追加するだけで広告掲載が可能となります。ここは、コードのコピー方法について説明します。

Googleアドセンス1

Google Adsenseのページにおいて赤枠の『広告』⇒『サマリー』⇒『コードを取得』をクリックしてください。その際、青枠の自動広告が『オン』になっていることを確認し、オンになっていなければ編集画面でオンにしてください。編集は青枠内の右側にあるペンマークでできます。

Googleアドセンス2

そして、赤枠のコードをコピーしてください。

3.1.1. WordPress

WordPressにおいてもアメーバブログやライブドアブログと同様にブログの運営/管理が容易にできます。※WordPressの導入に関しては後日ブログで説明します。

WordPressではテーマヘッダー(header.php)にコードを貼り付けますが、テーマを変更した場合、貼り付けた内容が消えるため再設定が必要になります。それではコードの追加方法について説明します。

Googleアドセンス3

WordPressに移り、赤枠の『外観』⇒『テーマエディター』をクリックしてください。

Googleアドセンス4

赤枠の『テーマヘッダー(header.php)』の『</head>』の上あたりに先ほどコピーしたコードを貼り付け、最後に『ファイルを更新』をクリックして完了です。※作業前にバックアップを取っておくことを推奨します。

Googleアナリティクス トラッキングコード

目次

  1. Googleアナリティクスとは
  2. トラッキングコードの設置
    2.1. WordPress

まずはじめに、このページではGoogleアナリティクスのアカウント登録が予め完了していることを前提に話を進めます。アカウント登録について少し説明すると、登録にはGoogleアカウントが必要で登録時にトラッキングに必要なウェブサイト名やURLなどの設定を行います。設定自体は難しいものではないため説明を省略した次第です。

1. Googleアナリティクスとは

ブログなどのウェブサイトを訪れたユーザー情報を一元管理するためのツールです。一例ですが、管理できる情報はユーザー数、セッション数(※1)、ページビュー数(※2)、平均セッション時間、直帰率(※3)などです。
※1 サイトの訪問回数
※2 閲覧されたページの合計数
※3 ページで何も行われなかった時のパーセント数

■Googleアナリティクスの利点

 ・ページビュー数が確認できる
 ・ユーザーあたりのセッション数、セッション当たりのページ数がわかる
 ・日/週/月毎の情報をグラフでも管理できる

また、デバイス別のセッション数、国別/地域別のセッション数、ユーザーが訪れたページ情報なども確認可能です。

2. トラッキングコードの設置

自身のウェブサイトにトラッキングコードを追加することにより、サイトの運営に重要となるページビュー数、セッション数、平均セッション時間などの情報をまとめて管理できるようになります。トラッキングコードの設置方法は下記のようになります。

■トラッキングコードの設置方法の概要

 ・Googleアナリティクスでトラッキングコードをコピー
 ・ブログなどのウェブサイトにトラッキングコードを貼り付ける

それでは、トラッキングコードのコピー方法について説明します。

Googleアナリティクス1

まずは自身のトラッキングコードをGoogleアナリティクスからコピーします。管理画面における赤枠の『トラッキングコード』をクリックしてください。

Googleアナリティクス2

そして、赤枠のトラッキングコードをすべてコピーしてください。

2.1. WordPress

アメーバブログやライブドアブログと同様にWordPressでもブログなどのウェブサイトの作成/管理が行えます。※WordPressの導入方法に関しては後日ブログで説明します。

WordPressではテーマヘッダー(header.php)にトラッキングコードを貼り付けるだけで、サイト全体の情報を一元管理できます。それではトラッキングコードの設置方法について説明します。※テーマを変更した場合、追加したトラッキングコードが消えるので、再度設定する必要があります。

Googleアナリティクス3

WordPressに移り、赤枠の『外観』⇒『テーマエディット』をクリックしてください。

Googleアナリティクス4

赤枠の『テーマヘッダー(header.php)』の『</head>』の上に先ほどコピーしたトラッキングコードを貼り付け、最後に『ファイルを更新』して完了です。※上図はトラッキングコードを貼り終えた画面の一例です。作業の前にバックアップを取っておくことを推奨します。