御朱印」カテゴリーアーカイブ

京都の楼門と御朱印

公開日:2020年4月19日

目次

  1. 所在MAP
  2. 京都の楼門
    2.1. 石清水八幡宮(国宝)
    2.2. 伏見稲荷大社
    2.3. 下鴨神社
    2.4. 上賀茂神社
    2.5. 平安神宮
    2.6. 八坂神社
    2.7. 北野天満宮
  3. まとめ

京都の楼門と御朱印の情報を掲載します。

1. 所在MAP

京都にある楼門は以下の通りです(この地図は私が過去に訪れた神社をもとに作成しています)。

京都楼門MAP

2. 京都の楼門

ここでは各神社の楼門と御朱印について簡単に説明します。

2.1. 石清水八幡宮(国宝)

楼門

本殿や舞殿を取り囲むように回廊を有する国宝楼門。楼門正面を注意深く見ると一対の鳩(金色)があしらわれています。

八幡大神(鳩ver)

一対の鳩が向かい合った「八幡大神」の御朱印。※鳩は八幡大神の神使い

御朱印の詳細は「石清水八幡宮 御朱印」を参照願います。

2.2. 伏見稲荷大社

楼門

楼門

楼門前には口にカギをくわえた狛狐が立っており、楼門正面には極彩色の扁額「伏見稲荷大社」が掲げられています。

伏見稲荷大社

御朱印の詳細は「伏見稲荷大社 御朱印」を参照願います。

2.3. 下鴨神社

楼門

楼門

糺の森の静寂の中にたたずむ高さ約13mの楼門で国の重要文化財に指定されています。楼門内には国宝の西殿と東殿があります。※御祭神・玉依媛命の息子は上賀茂神社の御祭神・賀茂別雷大神

賀茂御祖神社

下鴨神社の正式名称である「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」の御朱印。

御朱印の詳細は「下鴨神社 御朱印」を参照願います。

2.4. 上賀茂神社

楼門と玉橋

楼門内には国宝の本殿と権殿があります。※楼門は国の重要文化財

賀茂別雷神社

上賀茂神社の正式名称である「賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)」の御朱印。※御祭神・賀茂別雷大神の母親は下鴨神社の御祭神・玉依媛命

御朱印の詳細は「上賀茂神社 御朱印」を参照願います。

2.5. 平安神宮

応天門

高さ19m、幅18m、平安京大内裏の正庁朝堂院の南面正門を「8分の5」の大きさで再現。国の重要文化財に指定されています。※明治28年(平安遷都1100年)に大極殿や蒼龍楼・白虎楼などどともに造営されました

平安神宮

御朱印の詳細は「平安神宮 御朱印」を参照願います。

2.6. 八坂神社

西楼門

高さ約9m、幅約8mの楼門で国の重要文化財。応仁の乱で焼失しましたが、明応6年(1497年)に再建されました。西楼門からは四条通が一望できます。

南楼門

四条通に面している西楼門が有名ですが、こちらが八坂神社の正門となります。

衹園社

御朱印の詳細は「八坂神社 御朱印」を参照願います。

2.7. 北野天満宮

楼門

扁額「文道大祖 風月本主」が掲げられており、これは御祭神の菅原道真公を讃えた言葉だといわれています。

三光門

日・月・星の3つの彫刻が施されていることから三光門と呼ばれていますが、星の彫刻だけが見当たらないため、星欠けの三光門とも呼ばれています。国の重要文化財。

北野天満宮

御朱印の詳細は「北野天満宮 御朱印」を参照願います。

3. まとめ

 私が参拝に訪れた神社の多くは朱色の楼門でしたが、北野天満宮のように自然の色合いを残した楼門もありました。また、国宝・石清水八幡宮のように回廊が本殿や舞殿を囲む珍しい楼門もあり、見る者を圧倒するでしょう。

 最後に下鴨神社、平安神宮、八坂神社、伏見稲荷大社、石清水八幡宮は京阪本線沿線にありますので、参拝の際は以上の点を考慮して行かれると良いでしょう。

京都の三門と御朱印

公開日:2020年4月18日

目次

  1. 所在MAP
  2. 京都の三門
    2.1. 知恩院(国宝)
    2.2. 南禅寺
    2.3. 相国寺
    2.4. 建仁寺
    2.5. 東福寺(国宝)
    2.6. 金戒光明寺
    2.7. 鞍馬寺
    2.8. 仁和寺
    2.9. 妙心寺
    2.10. 醍醐寺
  3. まとめ

京都の三門と御朱印の情報を掲載します。

1. 所在MAP

京都にある三門は以下の通りです(※この地図は過去に私が訪れた寺院をもとに作成しています)。

京都三門MAP

2. 京都の三門

ここでは各寺院の三門と御朱印について簡単に紹介します。

2.1. 知恩院(国宝)

知恩院 三門

高さ24m、幅50mの日本最大級の国宝三門。三門正面には「華頂山」の扁額が掲げられています。写真の通り、春には桜とのコントラストがとても綺麗です。※国宝三門;知恩院、東福寺、法隆寺

法然上人

その他の御朱印や詳細などは「知恩院 御朱印」を参照願います。

2.2. 南禅寺

南禅寺 三門

別名「天下竜門」。高さ約22m、京都でも指折りの三大門の一つに数えられており、国の重要文化財に指定されています。三門は紅葉に囲まれているため、秋には色づいた紅葉とのコントラストがとても綺麗ですよ。

金剛王宝殿

御朱印や御朱印帳の詳細などは「南禅寺 御朱印」を参照願います

2.3. 相国寺

相国寺 三門礎石

相国寺 三門礎石

天明8年(1788年)の大火で焼失しましたが、再建されず、現在も礎石のままになっています。礎石を拝見できる寺院は日本広しと言えどもここだけかもしれませんので、近くを訪れた際は是非一度。

無畏堂

御朱印の詳細などは「相国寺 御朱印」を参照願います。

2.4. 建仁寺

建仁寺 三門

大正12年に静岡県の安寧寺から移築されたもので、御所を望む楼閣という意味で「望闕楼」と呼ばれています。

拈華堂

御朱印や御朱印帳の詳細などは「建仁寺 御朱印」を参照願います。

2.5. 東福寺(国宝)

東福寺 三門

高さ約22m、幅約25mの国宝三門。三門正面には足利義持が書いた「妙雲閣」の扁額が掲げられています。※国宝三門:知恩院、東福寺、法隆寺

大佛寶殿

御朱印の詳細などは「東福寺 御朱印」を参照願います。

2.6. 金戒光明寺

金戒光明寺 山門

山門正面には後小松天皇が書いた「浄土真宗最初門」の扁額が掲げられています。

吉備観音(洛陽六番)

その他の御朱印や詳細などは「金戒光明寺 御朱印」を参照願います。

2.7. 鞍馬寺

鞍馬寺 仁王門

運慶の長男・湛慶作の朱色の仁王門。

尊天

御朱印の詳細は「鞍馬寺 御朱印」を参照願います。

2.8. 仁和寺

仁和寺 仁王門

高さ19m、幅21m、京都でも指折りの三大門の一つに数えられており、国の重要文化財に指定されています。門正面には仁王像が、門後面には唐獅子像が安置されています。

旧御室御所

その他の御朱印や詳細などは「仁和寺 御朱印」を参照願います。

2.9. 妙心寺

妙心寺 三門

朱色の三門で楼上には観世音菩薩と十六羅漢が安置されており、国の重要文化財に指定されています。

無相大師

その他の御朱印や詳細などは「妙心寺 御朱印」を参照願います。

3. まとめ

 上記の通り、三門といっても材質の特徴を活かした色合いのものから朱色のものまで実に様々で、各寺院それぞれ特徴的であるため(少し言い過ぎかもしれませんが)、見ている人々を飽きさせません。

 また、参拝する場合ですが、京都市内における三門は東山周辺に固まっており、国宝三門の知恩院や東福寺もあることから、その周辺で計画を立てた方が良いかもしれません。

日本100名城 関西版 御城印

公開日:2019年12月18日
更新日:2020年3月25日

目次

  1. 地図&交通
  2. 一覧

関西にある100名城の御城印の情報などを掲載します。

1. 地図&交通

関西にある100名城の所在地は下記のとおりです。所在地は、「滋賀・京都・大阪」、「兵庫・奈良・和歌山」の二つに分けています。

滋賀・京都・大阪の100名城

赤色が「小谷城跡」、青色が「彦根城」、緑色が「安土城跡」、紫色が「観音寺城跡」、橙色が「二条城」、灰色が「大阪城」、黒色が「千早城跡」となっています。

日本百名城

兵庫・奈良・和歌山の100名城

赤色が「竹田城跡」、青色が「篠山城跡」、緑色が「明石城」、紫色が「姫路城」、橙色が「赤穂城跡」、灰色が「高取城跡」、黒色が「和歌山城」となっています。

日本百名城

関西における100名城の交通案内を府県毎にまとめたものが下表になります。一列目が城名、二列目が各城の最寄り駅、三列目が最寄駅から各城までの徒歩での所要時間(分)となっています。また、最寄り駅において(※印)をクリックするとバスや自家用車での交通アクセスが参照できます。

滋賀
最寄り 徒歩(分)
小谷城跡 高月※1 88
彦根城 彦根 25
安土城跡 安土※2 30
観音寺城跡 安土※3 59

※1 小谷城跡
 北陸自動車道 小谷城スマートIC 11分
※2 安土城跡
 名神高速道路 蒲生スマートIC 26
 安土駅前にレンタサイクルあり
※3 観音寺城跡
 名神高速道路 蒲生スマートIC 22分

京都
最寄り 徒歩(分)
二条城 二条城前 2
大阪
最寄り 徒歩(分)
大阪城 大阪城公園 18
千早城跡 なし※4

※4 千早城跡
 阪和自動車道 美原南IC 38分

兵庫
最寄り 徒歩(分)
竹田城跡 竹田※5 81
篠山城跡 篠山口※6 71
明石城 明石 9
姫路城 姫路 18
赤穂城跡 播州赤穂 24

※5 竹田城跡
 北近畿豊岡自動車道 和田山IC 17分
 バスはこちら(発:竹田駅 着:竹田城跡)
※6 篠山城跡
 若狭舞鶴自動車道 丹南篠山口IC 10分
 バスはこちら(発:篠山口駅 着:二階町)

奈良
最寄り 徒歩(分)
高取城跡 なし※7

※7 高取城跡
 京奈和自動車道 橿原北IC 39分

和歌山
最寄り 徒歩(分)
和歌山城 和歌山市 22

2. 一覧

関西における100名城は下表のとおりで、一列目が名城番号、二列目が城名となっています。また、表のとおり、関西にある100名城は全部で14あり、該当する名城番号は49~62までです。各城をクリックすると御城印や見どころなどの詳細を確認できます。現在は「二条城」、「彦根城」の詳細を閲覧することが可能で、情報は随時更新します。

名城番号
49 小谷城跡
50 彦根城
51 安土城跡
52 観音寺城跡
53 二条城
54 大阪城
55 千早城跡
56 竹田城跡
57 篠山城跡
58 明石城
59 姫路城
60 赤穂城跡
61 高取城跡
62 和歌山城

以上となります。

京都五ヶ室門跡 御朱印

公開日:2019年12月14日
更新日:-年-月-日

目次

  1. 地図&交通
  2. 京都五ヶ室門跡
    2.1. 三千院門跡
    2.2. 曼殊院門跡
    2.3. 青蓮院門跡
    2.4. 妙法院門跡
    2.5. 毘沙門堂門跡
  3. まとめ

京都五ヶ室門跡の御朱印の情報などを掲載します。

1. 地図&交通

天台宗の京都五ヶ室門跡の所在地は下図のようになります。青色が三千院門跡、緑色が曼殊院門跡、赤色が青蓮院門跡、橙色が妙法院門跡、黒色が毘沙門堂門跡になります。

京都五ヶ室門跡

下表は京都五ヶ室門跡の最寄り駅と所要時間をまとめたもので、一列目が門跡寺院、二列目が門跡寺院の最寄り駅、三列目が最寄り駅から門跡寺院までの徒歩での所要時間(分)、となっています。最寄り駅がない、または、最寄駅から門跡寺院まで遠い、場合などは「※印」をクリックすると代替えの交通手段が表示されますので参考までにどうぞ。※門跡寺院とは代々皇族などが住職を務めた格式高い寺院のこと

門跡寺院 最寄り駅 所要時間(分)
青蓮院 東山 6
三千院 なし ※1
妙法院 七条 11
曼殊院 修学院 21
毘沙門堂 山科 15

※1 三千院
①京都バス16・17系統(三条京阪前⇒大原)時刻表
②京都バス19系統(国際会館駅前⇒大原)時刻表

上記の図や表のように、三千院門跡以外は比較的固まっており、最寄り駅からも近いため、一日で参拝することは可能でしょう。

2. 京都五ヶ室門跡

ここでは各門跡寺院の御朱印などについて簡単に紹介します。

2.1. 三千院門跡

 ※随時更新

2.2. 曼殊院門跡

勅使門

延暦年間、最澄により鎮護国家の道場として創建されました。そして紆余客節を経て、明暦2年(1656年)、良尚法親王が入寺した時に現在の地に御堂が移転・造営されました。勅使門一帯は紅葉の木が数多くあり、初夏には青もみじが、秋には色鮮やかな紅葉を楽しめます。

竹の内御殿

御朱印の詳細などは「曼殊院門跡 御朱印」を参照願います。

2.3. 青蓮院門跡

華頂殿

最澄が比叡山を開くにあたり山上に複数の住坊を建てました。その中の1つ・青蓮坊が青蓮院の起源とされています。そして、第12代行玄の時に鳥羽法皇の第7皇子が弟子となり、京都に御堂などを造営し門跡寺院となりました。

青不動

御朱印の詳細などは「青蓮院門跡 御朱印」を参照願います。

2.4. 妙法院門跡

 ※随時更新

2.5. 毘沙門堂門跡

 ※随時更新

3. まとめ

関西一之宮 御朱印

公開日:2019年12月11日
更新日:-年-月-日

目次

  1. 地図&交通
  2. 一覧

関西の一之宮の御朱印の情報などを掲載します。

1. 地図&交通

関西(二府四県)にある一之宮(十三社)の所在地を地図にまとめると下記のようになります。赤色が京都(四社)、青色が奈良(一社)、橙色が大阪(三社)、緑色が兵庫(三社)、紺色が滋賀(一社)、黒色が和歌山(一社)の一之宮になります。

関西一之宮

下表に一之宮の最寄り駅と所要時間をまとめました。一之宮をクリックすると、マップ上に最寄り駅から一之宮までのルートと所要時間が表示されます。参考までにどうぞ。

一列目が一之宮、二列目が一之宮の最寄り駅、三列目が最寄駅から一之宮までの徒歩での所要時間をあらわしています。最寄り駅がない、最寄駅から一之宮まで遠い、などの場合、補足(※印)にて代替えのアクセスを紹介しております。

~京都~

一之宮 最寄り 徒歩(分)
上賀茂神社 北大路 22
下鴨神社 出町柳 6
出雲大神宮 千代川 ※1 46
籠神社 天橋立 ※2 46

※1 出雲大神宮
 バス・車はこちら
※2 籠神社
 バス・車はこちら

~奈良~

一之宮 最寄り 徒歩(分)
大神神社 三輪 6

~大阪~

一之宮 最寄り 徒歩(分)
住吉大社 住吉大社 1
枚岡神社 枚岡 3
大鳥神社 6

~兵庫~

一之宮 最寄り 徒歩(分)
伊弉諾神社 なし ※3
伊和神社 なし ※4
出石神社 豊岡 ※5 125

※3 伊弉諾神社
 バス・車はこちら
※4 伊和神社
 中国自動車道 山崎IC 19分
※5 出石神社
 北近畿豊岡自動車道 日高神鍋高原IC 18分
 バスはこちら発:豊岡駅 着:鳥居)

~滋賀~

一之宮 最寄り 徒歩(分)
建部大社 唐橋前 14

~和歌山~

一之宮 最寄り 徒歩(分)
日前神宮
國縣神宮
日前宮 2

上記の通り、一之宮は関西全域に分布しているので、一日で参拝することはほぼ不可能でしょう。京都府南部と滋賀県の一之宮、大阪府の一之宮はそれぞれ固まっているので、一日で参拝することは可能だと思います。兵庫県にある伊弉諾神社、伊和神社は車での移動がメインになりますが、他の一之宮は電車・バス・徒歩での参拝が可能です。

2. 一覧

関西にある一之宮を府県ごとにまとめると下記のようになります。一列目が旧国名、二列目が一之宮になります。クリックすると参拝時間、御朱印、見どころなどの情報を参照できます。現在は「上賀茂神社」、「下鴨神社」、「建部大社」の情報を掲載しています。情報は随時更新。

旧国名 一之宮
山城国 上賀茂神社
下鴨神社
丹波国 出雲大神宮
丹後国 籠神社
大和国 大神神社
摂津国 住吉大社
河内国 枚岡神社
和泉国 大鳥神社
淡路国 伊弉諾神社
播磨国 伊和神社
但馬国 出石神社
近江国 建部大社
紀伊国 日前神宮・國縣神宮

以上となります。

わら天神宮 御朱印

公開日:2019年12月9日
更新日:-年-月-日

目次

  1. 参拝時間
  2. 御朱印
  3. 見どころ
  4. アクセス
  5. 周辺の寺社情報

京都の敷地神社(わら天神宮)の御朱印の情報などを掲載します。

1. 参拝時間

※随時更新

2. 御朱印

わら天神宮

■御朱印
『わら天神宮』
『六勝神社』
■初穂料
 300円
■場所
 社務所

御朱印は、社務所に御朱印帳を渡し、参拝後に受け取る流れになっております。

3. 見どころ

■御祭神
 このはなさくやひめのみこと
『木花咲耶姫命』
■御利益
 安産、縁結び、必勝、商売繁盛など

・安産祈願の神社として有名
・正式名称「敷地神社」

本殿と拝殿

■由緒
 わらで作られた籠に御供え物を入れて奉納していたところ、妊婦が落ちたわらを拾い、安産祈願として持ち帰るようになり、その後、お守りとして授与するようになりました。これが「わら天神宮」と言われるようになった由縁だそうです。

~社殿~

本殿

本殿

御祭神の「木花咲耶姫命」が祀られており、正面には扁額「わら天神宮」が掲げられています。そして、本殿向かって右手に六勝稲荷神社、八幡神社、左手に綾杉明神、大山衹神社が建っています。扁額の「わら」の字ですが、一ノ鳥居の扁額は「わら」で、本殿の扁額は「らわ」、と逆になっています。大したことではないですが、注意深く観察してみると、何か発見がある、かもしれませんので、皆さまもぜひお試しください。

拝殿

拝殿からは本殿と六勝稲荷神社を望むことができます。※写真は別の角度から撮った風景。

一ノ鳥居

西大路通りに面した一ノ鳥居。扁額には「わら天神宮」と書かれています。

二ノ鳥居

一ノ鳥居を抜けて道なりに進むと二ノ鳥居があり、二ノ鳥居を抜けると左手に手水舎が、右手に社務所があります。また、扁額には「天神宮」と書かれていますが、現在の社地に遷座後は「天神宮」と称していたので、その名前が扁額になったのでしょうか!?

~摂社・末社~

本殿と六勝稲荷神社

・摂社
 六勝稲荷神社
・末社
 八幡神社
 綾杉明神
 大山衹神社

六勝稲荷神社

主祭神は「倉稲魂命(うかのみたまのみこと)」で、御利益は「必勝」、「開運」、「商売繁盛」などです。

八幡神社

御祭神は「応神天皇」、「神功皇后」、「比売大神」で、御利益は「厄除」、「開運」、「必勝」です。

綾杉明神

御神木・綾杉の霊が祀られています(樹齢:千数百年)。

大山衹神社

御祭神は「大山衹神(おおやまつみのかみ)」で、御利益は「海上守護」、「農業守護」などです。

4. アクセス

■最寄り駅
・JR嵯峨野線 円町駅 徒歩28分
・京福電気鉄道北野線 北野白梅町駅 徒歩13分
※京都駅からの詳細はこちら


わら天神宮(敷地神社)

■京都駅から電車の場合

↓京都駅
↓ JR嵯峨野線快速 7分 190円
↓円町駅

↓徒歩 28分

わら天神宮(敷地神社)
移動時間:35分・料金:190円

5. 周辺の寺社情報

わら天神宮(敷地神社)の周辺寺社。

■徒歩10分圏内
 金閣寺平野神社北野天満宮など
■徒歩20分圏内
 龍安寺大将軍八神社など
■徒歩30分圏内
 仁和寺建勲神社など

わら天神宮の近くには、金閣寺、平野神社、北野天満宮などの有名な寺社がありますので、参拝には事欠かないでしょう。位置情報ですが、金閣寺はわら天神宮の北、平野神社、北野天満宮はわら天神宮の南にあります。

京都世界遺産 御朱印

公開日:2019年12月5日
更新日:2019年12月7日

目次

  1. はじめに
  2. 京都世界遺産の御朱印

京都にある世界遺産の御朱印や御城印の情報などを掲載します。

1. はじめに

京都にあるユネスコ世界文化遺産は全部で17ヶ所ありますが、今回は御朱印や御城印をいただける世界遺産について紹介したいと思います。また、世界遺産を効率的に回るルートなども紹介したいと考えています(準備ができ次第、公開予定)。

2. 京都世界遺産の御朱印

京都にある世界遺産の場所を下表にまとめました。京都市:13ヶ所、宇治市:2ヵ所。寺社をクリックすると御朱印や見どころなどの情報が見れます。現在は「清水寺」「銀閣寺」「下鴨神社」「仁和寺」「龍安寺」「天龍寺」「金閣寺」「上賀茂神社」の情報を公開中。

京都市
東山区 左京区
清水寺 銀閣寺
  下鴨神社
右京区 北区
仁和寺 金閣寺
龍安寺 上賀茂神社
天龍寺  
高山寺  
上京区 中京区
元離宮二条城
下京区 西京区
西芳寺
南区 伏見区
東寺 醍醐寺
山科区  
 
宇治市
平等院 宇治上神社

清水寺

※本堂の写真は随時更新

大悲閣(洛陽十四番)

その他の御朱印や詳細は「清水寺 御朱印」を参照願います。

銀閣寺

観音殿

国宝の観音殿は2層からなり、1層は書院風、2層は唐様仏殿様式で、舎利殿と同様に閣上に1体の鳳凰が立っています。金閣寺と同様、臨済宗相国寺派の寺院。

観音殿

御朱印の詳細は「銀閣寺 御朱印」を参照願います。

下鴨神社

楼門

高さ13m、東西に回廊を有する朱色の門で国の重要文化財。

中門

中門を抜けると国宝の「西殿」と「東殿」があり、西殿には御祭神「加茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)」が、東殿には御祭神「玉依媛命(たまよりひめのみこと)」が祀られています。

賀茂御祖神社

上賀茂神社と同じく山城国一宮。その他の御朱印や詳細は「下鴨神社 御朱印」を参照願います。

仁和寺

仁和寺 仁王門

京都でも指折りの三門で高さ約21m、幅約19m、門の両脇には仁王像や唐獅子像が安置されています。

 

金堂

御本尊である「阿弥陀三尊」が安置されており、国宝に指定されています。

五重塔

仁和寺の五重塔は、京都市内に現存する四つの五重塔の一つで、高さは約36m、江戸時代の寛永年代に建てられました。国の重要文化財。

旧御室御所

その他の御朱印や詳細は「仁和寺 御朱印」を参照願います。

龍安寺

※本堂の写真は随時更新

石庭

御朱印の詳細は「龍安寺 御朱印」を参照願います。

天龍寺

 

大方丈

暦応2年(1339年)、後醍醐天皇の菩提を弔うために創建されました。天龍寺は京都五山の第一位で、京都五山とは臨済宗寺院の寺格を表したもので、室町幕府第三代将軍・足利義満の時に制定されました。

大方丈の前には曹源池が広がっており、晴れた日には曹源池に青空と緑の木々がとても綺麗に映ります。また、境内には参拝コースがあり、秋には色鮮やかな紅葉と緑の苔が、初夏には青もみじと緑の苔が一面に広がり、幻想的な光景を楽しめます。

覚王寶殿

御朱印の詳細は「天龍寺 御朱印」を参照願います。

金閣寺

舎利殿

舎利殿は3層からなり、1層は寝殿造、2層は武家造り、3層は禅宗仏殿造りとなっています。また閣上には1体の鳳凰が立っています。銀閣寺と同様、臨済宗相国寺派の寺院。

舎利殿

御朱印の詳細は「金閣寺 御朱印」を参照願います。

上賀茂神社

楼門と玉橋

楼門を抜けた先にある中門には国宝の「本殿」と「権殿」があり、御祭神「賀茂別雷大神」が祀られています。楼門・玉橋などは国の重要文化財。

細殿と立砂

国の重要文化財。

賀茂別雷神社

下鴨神社と同じく山城国一宮。御朱印の詳細は「上賀茂神社 御朱印」を参照願います。

※他の世界遺産の御朱印・御城印は、随時更新します。

建部大社 御朱印

公開日:2019年12月2日

目次

  1. 参拝時間
  2. 御朱印
  3. 見どころ
  4. アクセス
  5. 周辺の寺社情報

滋賀県にある建部大社の御朱印の情報などを掲載します。建部大社と書いて「たけべたいしゃ」と読みます。

1. 参拝時間

※随時更新

2. 御朱印

建部大社

■御朱印
『建部大社』
■初穂料
 300円
■場所
 社務所

御朱印は、神門を抜けて、左手にある社務所でいただけます。

3. 見どころ

■御祭神
・本殿
 やまとたけるのみこと
『日本武尊』
・権殿
 おおなむちのみこと
『大己貴命』
■御利益
 厄除、出世開運、縁結び、病気平癒など

・近江国一之宮

以下では、社殿や参拝スポットについて紹介します。

【社殿の紹介】

~本殿・権殿~

正面向かって左手が本殿、右手が権殿で、本殿には「日本武尊」が、権殿には「大己貴命」が祀られています。また、本殿・権殿の裏には、菊花石やさざれ石などが奉納されていますので、お忘れなく。

~拝殿~

拝殿

拝殿後方に本殿・権殿が控えています。私が参拝に訪れた時は、拝殿内で七五三詣の祈祷が行われていました。

~境内社~

・上座4社 下座4社

本殿を囲むように八つの社が建っており、上座4社は本殿・権殿向かって左手、下座4社は本殿・権殿向かって右手になります。

・大野神社

大野神社

御祭神は「草野姫命」、御利益は「縁結び」です。ちょっと前にインターネットで嵐メンバーの苗字がついた神社が話題になっていました(今でも話題になっていると思いますが)。例えば、「桜井神社」や「大野神社」です。建部大社の境内社にも「大野神社」があるのですが、ここの御利益は縁結びで、もしかしたら、嵐ファンの人達も訪れているかもしれないですね、と思った今日この頃です。

・武富稲荷神社

武富稲荷神社

御祭神は「稲倉魂命」、御利益は「商売繁盛」「家内安全」です。〇〇稲荷という神社は、いろいろな神社やお寺でよく見かけるため、信仰篤いお社なのかな、と私見ですが感じております。

・八柱神社

八柱神社

御利益は「諸願成就」です。「諸願成就」とは、さまざまなお願い事が叶う、という意味になります。

~神門~

神門

神門向かって左手に手水舎が、神門を抜けた先に拝殿、その奥に本殿・権殿があります。

~手水舎~

手水舎

手水舎で身を浄めてから、参拝しましょう。

~一ノ鳥居・二ノ鳥居~

一ノ鳥居

二ノ鳥居

一ノ鳥居には扁額「建部大社」が掲げられています。

【参拝スポットの紹介】

~願い石・お食い初め石~

願い石・お食い初め石

「願い石」と「お食い初め石」は同じ場所にお供えしてあり、「願い石」は初穂料1000円、「お食い初め石」は願い石(大きな白石)の周りにある小さな白石で、自由に持ち帰ることができるそうです。以下では、願い石の願掛け方法について簡単に説明します。

・願い石の願掛け方法
 ①願い石に願い事を記入
 ②一日二回願掛けする(朝・夕)
 ③願いが叶った場合、願い石を神社に返す

~菊花石・鏡・さざれ石~

「菊花石」はまるで菊の模様を施したかのような石で、実際は自然にできた化石となっております。「さざれ石」は小さな石が集まってできた石で、滋賀県と岐阜県の県境にある伊吹山が主要産地だそうです。国歌である「君が代」の歌詞にもありますよね。後、「菊花石」と「さざれ石」の間に「鏡」があるのですが、名前も説明文もなかったため、詳細は不明です。それぞれ、本殿・権殿の裏にあり、賽銭箱へと延びる木製の棒状のものがあるので、場所はすぐにわかると思います。

~頼朝公の出世水~

頼朝公の出世水

建部大社の御神水である「頼朝公の出世水」は社務所の前(水琴窟の隣あたり)にあり、持ち帰ることもできるそうです。

4. アクセス

■最寄り駅
・JR琵琶湖線 石山駅 徒歩23分
・京阪石山坂本線 唐橋前駅 徒歩14分
※京都駅からの詳細はこちら
 主に京都の観光客向けにアクセスを紹介します。


建部大社 公式HP

京都駅から電車の場合

↓京都駅
↓ JR琵琶湖線新快速 14分 240円
↓石山駅

↓徒歩 23分

建部大社
移動時間:37分・料金:240円

5. 周辺の寺社情報

建部大社の周辺寺社。

※随時更新

京都五山 御朱印

公開日:2019年11月29日
更新日:2020年4月4日

目次

  1. 五山制度
  2. 参拝順路
  3. 京都五山
    3.1. 南禅寺
    3.2. 天龍寺
    3.3. 相国寺
    3.4. 建仁寺
    3.5. 東福寺
    3.6. 万寿寺

京都五山の御朱印の情報などを掲載します。

1. 五山制度

京都五山とは京都における臨済宗寺院の寺格を表したものです。五山制度の歴史を簡単に説明しますと、古くは古代インドで建立された五つの仏教寺院(五精舎)が由来で、中国の南宋において禅宗の保護を目的に五つの格式高い寺院が五山に制定されました。日本では鎌倉時代、鎌倉幕府が大規模な寺院を建立、これを鎌倉五山とし、室町時代の足利義満の時に京都五山が制定されました。

京都五山の寺格は以下のようになります。※鎌倉五山の別格も南禅寺です。

京都五山
別格 南禅寺
第一位 天龍寺
第二位 相国寺
第三位 建仁寺
第四位 東福寺
第五位 万寿寺

2. 参拝順路

京都五山を参拝するためのお勧め順路を紹介します。関西圏内はもとより、関西圏外からの観光客でも安心して参拝できるよう、少し丁寧に説明したいと思います。出発地と終着地ですが、前者はターミナル駅である京都駅、後者はお食事処・居酒屋や宿泊施設などが充実している三条・四条周辺にします。

※情報は随時更新

3. 京都五山

ここでは京都五山の各寺院と御朱印について紹介します。

3.1. 南禅寺

法堂

開基を亀山法皇、開山を無間普門禅師とし、正応4年(1291年)に建立。法堂には御本尊である釈迦牟尼仏が安置されています。

南禅寺 三門

三門や水路閣が有名。三門は高さ約22m、国の重要文化財に指定されています。また、紅葉の名所でもあります。

金剛王宝殿

御朱印や御朱印帳などの詳細は「南禅寺 御朱印」を参照願います。

3.2. 天龍寺

大方丈

開基を足利尊氏、開山を夢窓疎石とし、後醍醐天皇の菩提を弔うため暦応2年(1339年)に創建。大方丈には御本尊である釈迦如来が安置されています。

天龍寺(曹源池)

大方丈前に広がる曹源池では四季折々の風景を楽しむことができるでしょう。紅葉の名所でもあるため特に秋はおススメ。

覚王寶殿

御朱印などの詳細は「天龍寺 御朱印」を参照願います。

3.3. 相国寺

相国寺(法堂)

開基を足利義満、開山を夢窓疎石とし、14世紀末に創建。法堂は日本最古の法堂建築で御本尊の釈迦如来が安置されています。また、天井には狩野光信筆の「蟠龍図」(通称:鳴き龍)が描かれています。国の重要文化財。

相国寺 三門礎石

相国寺 三門礎石

三門は天明8年(1788年)の大火で焼失。現在も礎石のままとなっています。三門の礎石を見れるところはそうないと思います。

無畏堂

御朱印などの詳細は「相国寺 御朱印」を参照願います。

3.4. 建仁寺

法堂(拈華堂)

開基を源頼家、開山を栄西禅師とし、建仁2年(1202年)に創建。法堂には御本尊の釈迦如来座像が安置されており、天井には2002年・創建800年を記念して小泉淳作・画伯による双龍図が描かれています。

双龍図

法堂天井に描かれている巨大な双龍図。

拈華堂

御朱印などの詳細は「建仁寺 御朱印」を参照願います。

3.5. 東福寺

三門から見た本堂

開基を九條道家、開山を聖一国師とし、寛永元年(1243年)に各宗の堂塔を建立。本堂には高さ15mもある御本尊の釈迦如来像が安置されています。また、その両脇には高さ7.5mの観音菩薩像・弥勒菩薩像が安置されています。

国宝の三門や通天橋も有名で三門の高さは約22m・幅は約25mです。

開山堂

東福寺を開山した聖一国師が祀られています。

 

大佛寶殿

御朱印などの詳細は「東福寺 御朱印」を参照願います。

伏見稲荷大社 御朱印

公開日:2019年11月26日
更新日:2019年11月27日

目次

  1. 参拝時間
  2. 御朱印
  3. 見どころ
  4. アクセス
  5. 周辺の寺社情報

京都の伏見稲荷大社の御朱印の情報などを掲載します。

1. 参拝時間

参拝は終日可能

■御朱印の受付時間
・本殿
 午前8時30分~午後4時30分
・奥社
 午前8時30分~午後4時30分
・御膳谷
 ※随時更新

2. 御朱印

伏見稲荷大社

■御朱印
『伏見稲荷大社』
『伏見稲荷大社 奥社』
『伏見稲荷大社 御膳谷』
■志納金
 300円
■場所
 本殿
 奥社
 御膳谷

写真は本殿の『伏見稲荷大社』の御朱印で、御朱印は本殿向かって左手の祈祷受付所でいただけます。

上記3つの御朱印をいただかれる方は、本殿→奥社→御膳谷の順に参拝されると良いでしょう。

3. 見どころ

■御祭神
 うかのみたまのおおかみ
『宇迦之御魂大神』
 おおみやのめのおおかみ
『大宮能売大神』
 さたひこのおおかみ
『佐田彦大神』
 他二柱
■御利益
 商売繁盛、家内安全、芸能上達など

楼門→本殿→千本鳥居→奥社への参拝順路を下記に掲載します。

一ノ鳥居

本殿へと続く参道の出発点。一ノ鳥居、二ノ鳥居、楼門、拝殿、本殿が一直線上にあります。

二ノ鳥居

楼門前に建つ二ノ鳥居。楼門向って左手には手水舎があります。手水舎で身を浄めてからお参りしましょう。

楼門

楼門前には狛犬ならぬ狛狐が立っており、楼門正面の二階部分には極彩色の扁額「伏見稲荷大社」が掲げられています。

楼門前に立つ「阿」「吽」の狛狐像。「吽」の狛狐像は鍵のようなものをくわえています。ちなみに境内には巻物をくわえた狛狐像「吽」や尾の先が金色の狛狐像なども立っています。

拝殿

拝殿後方には本殿が建っており、拝殿の間からは本殿が望めます。

本殿と拝殿

本殿

本殿

応仁の乱により全ての社殿が焼失したといわれており、再興は明応8年(1499年)。国の重要文化財。応仁の乱は御霊神社の御霊の森に陣を構えた畠山政長(東軍)を畠山義就(西軍)が襲撃したことで起こりました。ちなみに御霊神社は京都市上京区にあり、相国寺の近くでもあります。

神楽殿

本殿向かって右手に建つ神楽殿。

千本鳥居へ至る

玉山稲荷社向かって右手に千本鳥居へ至る参道(鳥居)があり、鳥居に掲げられた扁額には「稲荷大神」と書かれています。

千本鳥居 入口

千本鳥居の入り口では、写真や動画を撮る参拝者が数多くいるため、ここで少々渋滞するかと思います。また、千本鳥居は右側通行ですのでご注意ください。

千本鳥居

千本鳥居

朱色の鳥居が幾重にも並ぶように立っており、鳥居の間からは微かに日が差し込むため、日常では体験できないような、幻想的な雰囲気を味わえると思います。

奥社 拝殿

千本鳥居を抜けると正面に奥社の拝殿があります。拝殿向かって右手後方には、パワースポットで有名な「おもかる石」があり、「おもかる石」での祈願方法については後程紹介します。

奥社 本殿

奥社の拝殿後方にある本殿。奥社では白色の顔をした「狐絵馬」を数多く見かけると思いますが、「狐絵馬」は表面に顔を描き(描いてない絵馬もありました)、裏面に願い事を記入する、いわゆる願掛け絵馬です。

おもかる石

「おもかる石」は石灯籠の頭にある石をもって、自分が予想していた重さよりも、「重いか・軽いか」で、願いが叶うかを試す願掛けです。以下に「おもかる石」での祈願方法について説明します。

~おもかる石での祈願方法~
①石燈籠の前で願い事を念じる
②石燈籠の頭にある石の重さを予想(重いか軽いか)
③石燈籠の頭にある石を持ち上げる
→予想より軽い:願いが叶う
→予想より重い:願いが叶い難い

熊鷹社へ至る

奥社から熊鷹社方面へ至る道にも鳥居の回廊(仮名称)があります。この鳥居の回廊を通って本殿へ戻ることもできますよ。

境内には数匹の猫がいますが、上記の写真の猫(同じ猫)は熊鷹社へ至る鳥居の回廊付近にいました。参考までにどうぞ。

伏見稲荷大社ですが、体感で参拝者の9割以上が海外の観光客で、特に興味を示していたのが、国内でも有名な千本鳥居で、千本鳥居の入り口や中では、写真や動画を撮る人で混雑していました。嵐山や清水寺と並んで京都でも指折りの観光名所だと、あらためて実感しました。

4. アクセス

■最寄り駅
・JR奈良線 稲荷駅 徒歩1分
・京阪本線 伏見稲荷駅 徒歩3分
※京都駅からの詳細はこちら


伏見稲荷大社 公式HP

京都駅から電車の場合

↓京都駅
↓ JR奈良線 5分 150円
↓東福寺駅

↓徒歩 1分

伏見稲荷大社
移動時間:6分・料金:150円

5. 周辺の寺社情報

伏見稲荷大社の周辺寺社。

■徒歩20分圏内
 東福寺、同聚院、勝林寺など
■徒歩30分圏内
 瀧尾神社、新熊野神社など